猫を飼う時の注意点と引き取り方法

捨て猫を引き取る方法

保護猫や捨て猫を家族に迎える時の心構えや引取り手順を具体的にまとめてみました。

ペットショップ等で購入するより処分されてしまう猫の数を
一匹でも減らせたいという方にお役に立てたら幸いです。

猫を迎え入れる準備について

猫をご自宅に迎え入れる際に必要な色々な準備について説明したいと思います。

猫に対して同情するだけでは解決することのできない問題も考えられるので、
その場の感情で衝動的に猫を引き取ってしまう前に、
しっかりと腰を据えて猫を引き取るということについてじっくりとシミュレーションしてみることにしましょう。

猫との暮らしに必要な心構えについて

まず、猫を飼う前に必要な条件をクリアすることがスタートラインとなります。

一度猫を飼い始めてしまえば、二十四時間ずっと猫と共に生活することになります。
退屈な時や寂しい時にだけ、都合よく猫ちゃんがお家に出現するわけではないのです。
ご自身の気持ちを落ち着かせるためにもご一読いただければ幸いです。

猫を飼う前に必要な条件

心構えとしては「もし今、ここに猫を飼育していたとしたら、
ご自身はどのように感じるのでしょうか?」という意識を胸に持ちつつ、
毎日の日頃の運動や生活を送るように意識してみましょう。

時間を持て余している時や経済的な余裕がある時には
「猫や犬が居ればなあ…」と思うこともあるかもしれません。

しかし実生活を送っていく中で、
外回りの仕事でくたくたに疲れて帰ったらすぐにベッドに入って眠ってしまいたい時、
恋人と一緒に映画鑑賞に出かける時、
連休中に家族で旅行するとき…など本当に色々な状況が起こることも考えられます。

そういった色々なシチュエーションと
「猫を飼育中だ」という条件とを一緒に頭の中で想像し、
そのまま3~6ヶ月ほど様子を見ることにします。

このようなシチュエーションを繰り返し想像して、
もしもあなたが「やっぱり少し難しいことだよなぁ…」としばしば感じるようなら、
まだ早いと判断できるでしょう。

近所の猫カフェや知り合いのお宅で飼育されている猫などと、
時々ふれあう時間を持つだけの方があなたのためになるだけではなく、
飼われる猫ちゃんのためでもあります。

「どうしてもやっぱりかわいい猫と一緒に生活したい!」という強い願いに加え、
強い責任感が、猫を飼う時の第一歩となります。

猫の飼育にかかる費用を考えてみましょう

「猫は犬と比較するとお金はあまりかからない」とよく聞きますが、
少なめに見積もったとしても1頭あたり年間にすると9~15万円程度の飼育費用は必要です。

餌や消耗品、飼育グッズを買い揃えたり、
不慮の事故にあってしまったり、
病気になった場合の治療費などといった臨時出費も必要になってきます。

十分に経済的なゆとりがないのにも関わらず、
猫を飼い始めるのはダメです。

猫を飼うときにに必要な費用については以下にご紹介するページをぜひ参考にご覧ください。

猫を飼う際必要な費用 日本の各地で珍しくなくなってきている「多頭飼育崩壊」は、
飼い主に十分な経済力がないことが大きな関わりを持っていると言われています。

よくあるパターンが「お金がなくて不妊手術を受けさせずにいたら、
気づいた時には猫の数が倍増してしまった」というものです。

このような事件は、
劣悪な環境下で猫たちを過密飼育することで著しく猫の福祉を害すると同時に、
飼い主のいない身寄りのない猫の数を増やしてしまうことになるので、
非常に残酷なものなのです。

例を挙げてみると、
岐阜県で不妊手術を受けさせず飼育を続けた結果、
2頭からスタートした猫がなんと122頭まで爆発的に倍増したという事例が報告されています。

飼い始めの子猫の頃から、
老猫になる頃まで15年間ほど一緒に暮らすとすると、
最低限にみても1頭あたり140~230万円程の費用が必要だと言われています。

知識不足による不幸な猫たちを出してしまうことにならないよう、
飼育に踏み切る前にしっかりとしたシミュレーションをしてみることが大切です。

猫をお迎えする環境を整えましょう

基本的な事は猫を飼う室内環境と 猫に必要なペットグッズをご覧くださいましたら
わかるかと思います。

賃貸契約で禁止の物件で、軽々しく猫を飼い始めてしまうのは厳禁です。
猫を飼うなら「ペット可」の物件を探して引っ越しを済ませてからにしましょう。

一部でまるで猫の「隠し飼い」を勧めているような書籍を
見つけることがあるかもしれませが、当サイトといたしましては賛同いたしません。

猫の里親に応募するためには何をすれば良いのでしょうか?

里親になるための代表的な入口としましては
各地方自治体にある保健所およびセンターや動物愛護センターから一度猫を譲り受けて、
里親を募集している民間の慈善団体があります。

保健所や動物愛護センターの募集に応募しましょう

各地方自治体にある動物愛護センターで里親に応募する場合、
ちょっとした違いはあるかもしれませんが、だいたいの場合、
以下に挙げるような流れで猫の譲渡の手続きが進んでいきます。

各都道府県にある動物愛護センターでは公共機関の里親募集案内をご覧になることをお勧めします。

また、管理スペースの不足や人手不足などの理由から、
自治体によっては猫の譲渡を行っていないこともありますので、
事前にお住まいの地域のセンターにお問い合わせください。

なお保健所や動物愛護センターから猫を譲り受ける際の注意点や特徴、
及び社会的な意味に関しても以下のページにて詳細に解説しておりますので、
それ以外の入手方法と比べながらご検討いただければ幸いです。

猫の購入・入手方法

犬猫譲渡会での一連の流れ
*動物愛護センターまで講習の申込み予約をしましょう(注1)
*指定の講習日に、センターへ赴き受講しましょう(注2)
*譲渡候補になっている猫と実際に対面しましょう(注3)
*お気に入りの猫と出会えたら譲渡希望の申し込みをしましょう
*他に希望する人がいなかったら譲渡が仮決定します(注4)
*譲渡時講習会を改めて受講しましょう
*晴れて譲渡決定となります

注1
一般的に、猫飼育に関し極端に低レベルで無知な飼い主をふるいにかけるために、
強制的に講習を受講することになっています。

注2
約1~2時間の内容となっています。講習の日程は平日であることがほとんどなので、
働いている人は講習の日程にあわせて仕事の都合をつける必要が出てきます。
ここでは猫を飼育にまつわる常識や法律などを中心に勉強します。

注3
猫は予め糞便検査などの疾病検査(血液検査は行われていないところが多い)や
性格のテスト(優しさ、懐きやすさなど)をクリアした個体だけが譲渡猫の候補として出てきます。

しかしながら飼い主側としてはその日だけの対面となりますので、
時間に限りがある中でその猫が持っているキャラクターを見抜いて、
ご自身の性格やご家庭の生活リズム、
生活環境とマッチしているかどうかなど総合的に相性を判定しなければならないのです。

注4
もしも同じ猫を希望している飼い主候補者が他にいた場合は、
くじ引きやじゃんけんといった単純な方法で正式な飼い主を決めることになるでしょう。

以下にご紹介するのは、
それぞれの都道府県での犬猫譲渡会の様子です。
動物愛護センターの仕事の内容等も簡単にですがご紹介しています。

民間慈善団体に応募しましょう

民間の代表的な団体には
民間団体の里親募集案内で紹介されているようなものがあります。
参考にして下さい。

また当サイトのTwitterアカウントにて日本全国で開催の官民の譲渡会情報を発信しております。

譲渡会のほとんどは週末に集中して開催されます。
ぜひ土日を利用して見学に一度行かれてみることをお勧めします。

さらに近年では里親募集型の猫カフェが増える傾向にあります。

このような施設を利用すれば、
保護猫を見ているだけでなく実際に触れ合うことが可能ですので、
ご自宅に迎えた後の生活がよりリアルに想像できるでしょう。

また地域によりそのような団体がない場合もあります。

その場合は各地方自自治体運営の動物愛護センターや保健所に直接ご相談されることをお勧めします。

動物たちの将来を見据えて献身的な努力をしている団体もいますが、
「動物愛護」とは名ばかりで実際には寄付金を集めて、
私腹を肥やすような団体も、残念ながら一部に存在します。

民間保護団体を選ぶ時には、
「団体の収支報告の開示に応じてもらえる」
「動物を保護している環境がきれい」
「引き取り料金について明細をくれる」
「ちょっとした質問にも親切に答えてもらえる」
等を基準の一つとして胸に留めておくと、
後になって嫌な思いをしてしまう確率が下がるでしょう。

また民間の慈善団体から猫を譲り受けるときの注意点や特徴、
および社会的意味につきましては以下のページにて詳しく解説しておりますので、
その他の入手方法と比べながらご検討いただけるようお願いします。

民間の譲渡会での一連の流れ

*ホームページなどをチェックしてお気に入りの里子を見つけましょう
*「預かり日記」などを熟読することで、里子の性格を見定めましょう(注1)
*ご自分の性格やライフスタイルとマッチしているかいるかどうかをじっくり考えましょう
*アンケート用紙および申し込みフォーマットに必要な事項を記入して里親に応募しましょう(注2)
*お見合い(実際に対面することでフィーリングをつかんでみましょう)
*トライアル(数週間の間、お試しで一緒に暮らしてみましょう)
*晴れて譲渡決定となります(注3)

注1
動物愛護センターではいわば「いっぱつ勝負」で猫を決めるのですが、
慈善団体経由の場合、大抵の場合はこの「預かり日記」を読むことで、
その子の性格をより詳しく知ることができます。

ご自身がその猫を引き取った際の生活を
よりリアルにシミュレーションしてみることが出来るというメリットがあります。

注2
民間の保護団体の場合、
ペットショップのように誰にでも気安く猫を渡してしまうというのとは異なり、
飼い主にはある一定条件が課されることになります。

例えば
「実際のペット可の賃貸契約書の提示」
「不妊手術を受けさせる」
「完全な室内飼いの徹底」
「一人暮らしの人はダメ」
「年配の人に後見人の擁立が求められること」などです。

また、引き取った犬猫の虐待や、
製薬会社へ実験動物として売却するなどと言うような里親詐欺を防止するため、
ある程度は個人的な質問をされますし、
場合により自宅を実際に訪問することで飼育環境をチェックするということもあります。

注3
譲渡にあたり、費用負担を求められることもあります。
しかし、それは健康診断の費用や、犬の不妊手術費用、
自宅までの輸送費用など、
常識的に考えれば当然新しい飼い主が負担するべき費用です。

猫との新生活を吟味してみましょう
猫を飼うことで自分が幸せになるという事は簡単です。
しかしそれ以上に大切なのは飼った猫を幸せにする努力を惜しまないことです。

自己満足にならないよう、今の生活環境の中で猫が本当に幸せかどうかを吟味してみましょう。

迎えた猫のこんなところをチェックしてみましょう

*前足をさかんに舐めたりしていませんか?
*便はゆるすぎたり硬すぎたりしませんか?
*無駄鳴きをしていることは多くありませんか?
*食欲はありますか?
*被毛に健康的なツヤはありますか?

猫のストレスサインは様々なところに現れますのでチェック不足にならないようにしましょう。