犬の名前を付ける時の注意点 と 5つのポイント!

犬に名前を付けるときに
チェックしておきたい5つのポイント

みなさんの愛犬にはどんな名前をつけましたか? 

また、犬との暮らしをこれからスタートしようと思っている方は、
どのような名前をつけようと思っていますか ?

かわいいワンちゃんの名前付けは、
ウキウキする楽しいものですが、
結構頭を抱えるものでもあるかもしれませんね。

ワンちゃんの名前付けに迷った時に目を向けたいポイントをまとめてみました。

1:犬が聞き取りやすいのは、短めの音節の名前です。

名前はなるべく短めに。

犬の血統書をご覧になったことのある方はご存知かと思いますが、
洋犬の血統書名はとても長い名前なのです。

犬でも人間でも長すぎる名前は、
普段の生活の中では支障が出るので、
せっかくの名前も結局ニックネームや短縮した形で呼ばれることになってしまいます。

犬は人間のように言語を持たないので、
より短い音節の名前のほうが認識しやすいと言われています。

犬関連の著書が多いことで有名な心理学者の
スタンリー・コーレン博士も長年にわたる経験から、
「2音節からなる名前の方が言い易いのに加えて、
犬が良い反応をするように思われる」と提言しています。

また、動物行動学者であるパトリシア・マッコーネル博士も、
第1の音節がその次の第2音節への導線として作用し、
2音節の名前が犬の注意を引きやすいであろう、という考え方に対し、
「おおかた、使い方に柔軟性のある名前の方がより有効なのだと思う」として、
ある程度、肯定的に考えているようです。

短節の名前が犬に認識されやすいということは、
「アリストテレス」のような長い名前よりも、
「バーニー」といった短い名前が犬には伝わりやすいと言えるでしょう。

2:犬に伝わりやすいのは《硬い音》

いろいろな母音と子音を発して、
犬が反応しやすい音を探すのも1つの方法かも。

前出の、マッコーネル博士は、
「[k][p][d]など広帯域音にあって
《硬い》子音と呼ばれるものが組み込まれたものは、
母音プラス《柔らかい》子音で組み合わされたものと比較して、
脳の聴覚受容体ニューロンをより刺激するため、
犬の注意を引きやすい」とも述べています。

躾の際によく用いられるクリッカーの音に犬が敏感に反応するのも、
クリッカーの音が広帯域音にあるためだとか。

[k][p][d]を日本語にあてはめて見てみますと、
子音のうちの《破裂音》に分類されます。

《破裂音》には、その他、[t][b][g]なども含まれています。

この説が本当に当てはまるのなら、
「マロン」というような名前ではなく、
「クーパー」「だいすけ」のというような名前のほうが
より犬には覚えやすい名前ということになるでしょう。

また、犬と一緒にスポーツを楽しもうと思っている人は、
アクティブな場面でも犬に気づいてもらいやすい、
《破裂音》を意識したネーミングをしてみると言うのも良いでしょう。

それ以外には、母音では特に[a][e][i][y]《広帯域音》や、
名前の最後が[ee][aa]のように
伸ばす音ほうが更に犬の注意を引きやすいという説もあります。

一般的に、犬が聞き取りやすいのは母音で、
反対に子音は聞き取りづらいと思われることが少なくないのですが、
それでもまったく聞こえていないということもないでしょう。

少し話は脱線しますが、
犬には人間の話す声がどのように聞こえるのか?という研究では、
犬には文脈や語彙は伝わっていなくても、
音の刺激を処理している脳の働きは
人間の脳の働きと共通している部分があるという結果が出ているそうです。

それは、右耳から入ってきた音が左脳で情報の処理がなされ、
反対に左耳で入ってきた音が右脳で情報の処理がなされるというものです。

この実験によると、
スピーカーを犬の両側に設置して何種類かの音を流し、
普段から聞き慣れているような言葉を聞いた時には、
犬が頭を右側に向け(=左脳による情報処理)
逆に聞き取りづらく合成した音を聞いた時には、
頭を左側に向ける(=右脳による情報処理)という、
人間の反応に似た様子が見られたそうです。

研究では、
「犬は誰に、どのように喋りかけられているかと言うことだけでなく、
相手が『何』を伝えようとしているかと言う事にも注目していると」ということが
十分に支持できる結果が出たとされています。

また、直接的に子音とは関係があるわけではありませんが、
犬は我々が想像している以上に
繊細な音声処理能力を持っている可能性があると言えるでしょう。

3:名前にはしつけやトレーニングに関するワードとは似ていないものが良いでしょう

すでに、一緒に遊ぶ犬友だちがいるなら、
その犬たちと発音、発声が似ていない名前にしたほうがいいかもしれない。

犬と生活する中で普段使う言葉としては、
しつけやトレーニングの関連ワードが挙げられます。

例えば、「こっちを見て」と注目させる時に
「ルック」という言葉を使おうと思っている場合は、
「ルーク」という名前をつけると犬が混乱してしまうかもしれません。

以下に、しつけワードと似たような名前の例を挙げてみました。

ノー[No!]    : ノーラ
ステイ[Stay] : ジェイ
ヒール[Heal]    : ニール

これから犬を飼い始めるのであれば、
しつけやトレーニングで使いたい言葉を
避けたネーミングをするように考えましょう。

4:家族など身近な人の名前や、
同居犬の名前と似たような名前は避けましょう。

3と同様の理由から、
先住犬の名前が[サム]
新しく迎える犬に[サミー]と名前をつけたとすれば、
2匹の犬たちはお互いに迷ってしまうことも考えられます。

また、[ラブ][ラッキー]や、
場合により[ラブ][リリィ]などのように同じ[行]
始まる名前でも犬たちを迷わせてしまう可能性があります。

5:名前が持っているイメージも大切です。

[名前負け]や、[名は体を表す]といった言葉もあるように、
名前とは大切なもので、その響きや印象などにより、
色々なイメージを人に与えるものです。

たとえば少し厳ついイメージを持たれがちな犬に、
[ハルク][ケント(拳闘)]といった名前をつけると、
強そうなイメージがより強調さます。

逆に小さな超大型犬に[チビ]などとネーミングすれば、
可愛らしいイメージを更に引き立ててくれることでしょう。

どのような犬に育ってほしいのか、
ご自分のワンちゃんを周りの人たちからどんなふうに思ってもらいたいのか、
そんなことを考えながらネーミングしてみることも大切なポイントです。

犬の反応を見ながら、名前をお試しで読んでみましょう。

いい名前候補がいくつか出揃って、
迷った時には、実際に犬を考えた名前でお試しで呼んでみて、
その反応みて決定すると言うのもいいですよ。

せっかく頭を悩ませて考えた名前なのに、
犬が反応してくれなかったら寂しいものです。

そうならないためには、
お試しで呼んだ中で一番敏感に反応した名前を選択するというのも良いでしょう。

以上、参考になりましたでしょうか?
皆さんのワンチャンライフに少しでもお役に立てると幸いです♪

最後までお読み下さりありがとうございます。