大相撲の世界を知りたい!大相撲番付一覧

大相撲番付の一覧表!

順番やランクはどう見れば良いのでしょう?

大相撲の、横綱・大関・小結と言うような『番付』をご覧になったことはありますか?

番付表の、順番やランクがどのようになっているのか、みなさんはご存じでしょうか?

「いっぱい書いてあって実際のところ分かりにくいな…」と思われている方もいることと存じます。

というわけで今回の記事では、大関の番付一覧をわかりやすくまとめながら、
番付の順番や、ランクについてご紹介したいと思います!

大相撲の番付のランキングは、どのように成り立っているのでしょうか?

はじめに大相撲番付を一覧にしてパパッと見てみることにしましょう。

上から降順に並べてみると、以下のようになります。

[横綱]
[大関]
[関脇]
[小結]
[前頭(平幕)]
[十両]
[幕下]
[三段目]
[序二段]
[序ノ口]

この中で、十両以上の番付を『関取』と言います。
つまり、一人前の力士として認められるようになります。

また、幕下以下の番付は『力士養成員』と呼ばれており、
力士として、半人前である事を表します。

力士養成員というのは、関取とは違い、部屋の雑用だけではなく、
関取はもちろん親方のお世話をしなければなりません。

そのうえ、給料という形ではなく、手当がわずかに支給されるのみ、
そして結婚の禁止など、
関取とは待遇に大きな差を付けられています。

[関取]:横綱、大関、関脇、小結、前頭(平幕)、十両
[力士養成員]:幕下、三段目、序二段、序ノ口

このように並べると一目瞭然で覚えやすいですね!

また、横綱から前頭(平幕)の番付は『幕内』と呼ばれますが、
テレビの大相撲中継でしっかりと報道してもらえるのは
基本的に、この幕内力士だけです。

幕内力士の人数は、あらかじめ決められていて、42人です。

このうちの、[大関]、[関脇]、[小結]の3つの番付は
特にまとめて『三役』と呼ばれることもあります。

大相撲番付をランクの順番に並べ、わかりやすくまとめてみました。

というわけで、大相撲番付について簡単ではありますがご紹介していきたいと思います。

以下にまとめた内容をご覧になれば、
「関脇と小結の違いはなんだったかな?」というような、
番付にまつわる『??』が解決できるのではないでしょうか!

横綱は何と言っても番付での最高位です。
横綱に昇進するためにはどのような基準があるのでしょうか?

大相撲番付の中では、最もランクが上位なのがズバリ『横綱』です。

白鵬関、日馬富士関、鶴竜関のなどが横綱の大役を務められています。

横綱に昇進するためには、大関が2場所連続での優勝を飾るか、
またはそれに匹敵するような好成績を挙げるという条件があります。

現在の横綱で言うと、
白鵬関と日馬富士関は2場所連続での優勝を飾りましたが、
鶴竜関は2場所連続での優勝でありませんでしたが、14勝1敗という立派な
成績を収めたことから、
『優勝に準ずる成績』ということから横綱に昇進することになりました。

大関はというと、東西に1人ずついなければなりません!

次にご紹介するのが『大関』です。

上位の横綱の制度がスタートする以前は
番付の中では『大関』が最上級のランクとされる地位でした。

現在では、稀勢の里関、琴奨菊関、豪栄道関、照ノ富士関の4人が
大関の地位を務めています。

大関というのは東西にそれぞれ1名ずつ、
合計2名はいなければなりません。

もしも大関が不在の時には、横綱が『横綱大関』という名で
その地位を兼ねるという仕組みがあります。

関脇という地位を守るために大変な労力が必要になる理由とは?

関脇というのは、
大関を目指している力士の全てが1度は昇進する地位です。

序盤で手強い大関や横綱の力士との取り組みが行われる事が少なくなく、
関脇の力士がこのような力士に勝てば土俵が大変盛り上がることになります。

その一方、関脇に初昇進した力士は、
連日、大関や横綱との対戦することで黒星が続き、
なかなか勝てない・・・ということも珍しくありません。

そんなわけで関脇は大関、横綱以上に、
地位を維持していくのが困難な番付でもあるといえます。

小結に昇進すれば『三役経験者』になれます!

小結は関脇、大関と並ぶ『三役』と呼ばれる番付です。

小結になると、それ以下の幕内力士と比較して待遇がレベルアップしてきます。

引退した後の力士の肩書で『元幕内』『元小結』の間には
とても大きな差があると言っても、決して大げさではありません。

その一方、小結も関脇で記したのと同様に、
大関や横綱などの手強い力士との取り組みが組まれる事が多く、
その番付を維持していくのが大変難しいものです。

前頭(平幕)の定員とは?横綱を倒せばメリットがあるのでしょうか!?

横綱、大関、関脇、小結にあてはまらないその他の幕内の力士の事を表すのが
これから紹介していく前頭(平幕)です。

『平幕』という言葉には、
「役についていない幕内の力士」という意味があるので、
横綱や三役に該当していない者を示しています。

幕内の力士の定員は42人と定められていますが、
この人数から横綱から小結力士までの人数を差し引いた数が
その場所での、前頭(平幕)力士の定員になります。

また、前頭(平幕)力士が横綱に勝利することは『金星』と呼ばれていて、
その場所でのお給料が増額になります。

十両になれば一人前の力士!成績には特徴はあるでしょうか?

上記でも述べていますが、幕下の力士が十両になれば
『力士として一人前』という風に見なされます。

十両の定員は、東西合計で28名とされていますが、
ランクが上がってくると、平幕の下位の力士との
取り組みを組まれるようになることがあります。

なお、2場所、3場所以上の休場が続くと平幕力士は
十両(や幕下)へと陥落する事がよくありますが、
こうした力士の多くは、しばしば十両で優勝します。

こうなると、十両力士の実力というとそんなに差がないので、
優勝力士とは言え、15勝、14勝なんていう事はほとんどなく、
最終の成績としては11勝~12勝で終わる事も多いものです。

幕下は人数が多く、その待遇の格差は大きくなっています!

幕下は東西で60名ずつ、合計120名もいる番付で、
これに加えてアマチュア相撲において成績優秀な
『幕下付け出し』の力士たちもこちらに含まれています。

幕下力士120名は、60枚目の中でも特典やランクがあって、
幕下の25枚目からは、星取表に氏名が記載されるようになります。

さらには、15枚目以上は「幕下上位」と呼ばれるようになり
その成績次第では十両に昇進し、憧れの関脇になれる可能性もあります。

幕下の力士は力士養成員なので、
部屋の雑用などをする必要がありますが、
将来有望で十両への昇進の可能性の高い力士の場合は、
雑用が免除されて、稽古だけに専念すれば良いという場合もあります。

120人以上が属している『幕下』という番付に注目すると、
それぞれが置かれる待遇は、その実力により大きく差がついてきます。

三段目というのは、一人前となるためにはとても大切な通過点です!

三段目は東西でそれぞれ100人ずつ、合計すると200人もいる番付です。

序ノ口、序二段などとは違い、
三段目となれば稽古内容も厳しくなり、
将来的に、関取になれるか否かの判断が始まるといわれています。

取り組みの数としては7回で、この全ての取り組みに勝利すれば
幕下への昇進が無条件に可能になるのが特徴です。

ちなみに、三段目の力士の数はなんと200名にものぼり、
全勝できる力士の数が何人も出るケースも十分にあります。

総勢200名もいる序二段では取り組みの全て勝利できればなれます。

序ノ口力士が勝ち越せば昇進することができる番付が序二段なのです。

三段目などとは違い、人数に決まりがないのが特徴です。
ここ最近は、東西でそれぞれ100枚、合計すると200名ほど力士がいます。

序二段の取り組みも三段目と同じく数は7回だけで、
この全ての勝負に勝てば無条件での三段目昇進が可能になります。

まずスタートは、序ノ口からです!

昇進基準は序二段と同じなのでしょうか?

大相撲番付では、最も低いランクの番付が序ノ口なのです。

定員の数としては、序二段などと同様に決まっていませんが、
人数については、序二段の1/3から1/4ほどです。
他の番付と比較すると、かなり少なくなっています。

序ノ口では取り組み数が、序二段などと同様に7回で、
基本的に、4回勝つことができれば序二段へ昇進が叶います。

この相撲番付の記事についてのまとめ

今回、大相撲番付一覧というテーマに注目して、
その順番やランクをできるだけ分かりやすくまとめてみました。

[横綱]
[大関]
[関脇]
[小結]
[前頭(平幕)]
[十両]
[幕下]
[三段目]
[序二段]
[序ノ口]

基本的に、この順番どおりで覚えていただければOKです。

最後までお読み下さりありがとうございます。

*注意:この記事は2016年6月に書きましたので、
お読みになった時点で名前や番付が変更している可能性があります事をご了承ください。