幼稚園の公立と私立の違いを解決!

幼稚園に必要な費用はどのくらいでしょうか?

今回は公立と私立をまとめてご紹介したいと思います。

幼稚園にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「幼稚園は学校のようなもの?」という印象を持っている方も少なくないと思います。

中でも特に気になるのは学費ですよね。

気になるけれどなかなか人には聞きづらい、学費プラスその他に必要なお金事情について、公立と私立との違いについても併せて紹介していきたいと思います。

幼稚園をリサーチ中の親御さん方の参考になればと、わかりやすく解説していきたいと思います。

公立幼稚園と私立幼稚園との必要な費用のちがい

幼稚園は大きくわけると、公立幼稚園と私立幼稚園とがあります。

幼稚園に入園する際にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

まず一つ目に入園料、その他、毎月かかる費用としては保育料、給食費が考えられます。

入園料について

公立幼稚園と私立幼稚園との1番の差は入園料及び保育料にあると言えます。

幼稚園には、2年保育または3年保育があります。また私立幼稚園の中には、地域によって、公立幼稚園並みという園もあります。

全日本私立幼稚園幼児教育研究機構による平成27年度調査データでは、国公立幼稚園の入園料は平均52,809円でした。
また平成27年度より子ども・子育て支援新制度のスタートに伴い、調査は行われておりません。
制度が始まる前の平成26年の調査では、1,200円でした。

公立と私立の保育料(授業料)のそれぞれの相場

同調査データによりますと、公立幼稚園と私立幼稚園との保育料には大きな差が見られます。
平成26年のデータでは、公立幼稚園では76,627円、私立幼稚園では265,258円と差が大きく開いていることが分かります。
このデータは、単純に公立と私立という分類によるものですが、実際には園によってそれぞれに差は見られるようです。

私立幼稚園の保育料の都道府県別ランキング

同調査によると、幼稚園にかかる費用には大きな地域差があることがわかります。

ここでの「保育料など」は、入園料、保育料、施設整備費の合計額で、入園一年目に必要な費用の総額を示しています。

保育料の全国平均は359,782円です。

幼稚園の保育料などが安い都道府県トップ3

幼稚園の保育料などが安い都道府県は以下の通りです。

1位 愛媛県:247,499円

2位 福島県:263,921円

3位 宮崎県:277,860円

幼稚園保育料などが高い都道府県トップ3

保育料などが高い幼稚園は以下の通りです。

1位 東京都:472,169円

2位 神奈川県:459,279円

3位 徳島県:396,675円

毎月の保育料以外に必要な費用

毎月の保育料に加えて入園料や、それ以外にも入園時にかかる費用や、保育料以外に毎月別途必要な費用、またその都度に徴収されるものなどが考えられます。

実際にどのようなものにどの程度が費用がかかるのかまとめてみました。

入園時の必要な費用

・入園費

・施設費(冷暖房費等)

・制服費(制服及び体操服など)

・教材費

・給食費

その他にも、入園する際には園で使用する、もちものをいろいろと揃えなければなりません、
教材など、まとめて揃ったものを購入します。例えばクレヨンやねんど、のりやはさみと言った製作につかう道具類、その他名札、出席簿等、指定のものを幼稚園で一括購入する園や、個人で買い揃える園など、園によって異なります。

交通費

幼稚園の送迎バスなどが利用できる園や、幼稚園まで自分たちで送り迎えをしなくてはいけない園もあります。

徒歩や自転車で通う場合は、交通費は必要ありませんが、自家用車での送迎にはガソリン代、送迎バスなら規定の送迎バス料金が必要になります。

幼稚園での送迎はほとんどです。保育料の中に、送迎バス代金が含まれているところと、別料金が設定されている園があります。

 その他

その他に必要な費用

・保護者会費

・写真代

・行事による都度徴収

公立幼稚園・私立幼稚園の別に関係なく幼稚園ごとに費用は異なります。

公立と私立の違いだけでなく、地域によっても必要な費用には大きな差があります。

受けられる保育や教育も、それぞれの園の特色が出ます。園の保育方針や教育理念など、それぞれのご家庭でお子さんにぴったりの幼稚園選びをすることが重要です。

また保育時間の長い保育園とは違い、幼稚園は保育時間が短いものです。幼稚園に対してどのような保育や教育を求めるのか等、公立や私立を考えたり、実際に見学をすることで幼稚園を決めることが大切です。

最後までお読み下さりありがとうございます。

皆様の参考になれば幸いです(^_^)